200X年…公園 歌詞 THE JAYWALK ※ Mojim.com
魔鏡歌詞網
> > > >

THE JAYWALK



歌詞
專輯列表
新聞
歌手介紹
相關影音

THE JAYWALK

200X年…公園

作詞:知久光康
作曲:中村耕一

2千何年かの 晴れた日曜の午後
誰もいない小さな公園に 俺はいる

ベンチに腰を下ろせば あの日の事がよみがえる
若い恋の終わりの ちぎれた言葉のかけら

あの頃話した未来に 君はたどり着けたのか
目の前の恋人より まだ見えない
未来を見てた俺

「忘れないよ」って言ったね 慰めにもならないね
涙が乾いた砂に落ちて とりとめもない未来に
それぞれの夢が揺れた 季節の終わりにいた俺達

待ち合わせならここより いいところ
更多更詳盡歌詞 在 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
あの頃でも あったと思うけど
このベンチが懐かしい

あの地下鉄の工事も いつの間にか
かたずいて 様になったこの街を
きっと君も知ってるね

小さな国の小さな街 でももう会わないだろう
もし気づかない俺を 見てるなら
出来るなら微笑んで

君は 「待ってる」って言ったね 「5年でも10年でも」
こんなにすぐだなんて思えなかった
とりとめもない未来に たどり着いて思い出す
季節の終わりにいた俺達




回上一頁
Mojim.com
魔鏡歌詞網